--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『傷物語 鉄血篇』&『ガラスの花と壊す世界』観てきました!

2016年01月11日 00:34



本日『傷物語 鉄血篇』と『ガラスの花と壊す世界』を鑑賞してきました。 新年1発目です。
実を言うとどちらも上映時間が70分ぐらいなのですが、まあなんというか色んな意味で対照的な2作品でした。

まずやっと来たかという感じのする『傷物語』ですが、
うん、これ物語シリーズ中でも、過去最高レベルの映像クオリティじゃないでしょうか。
まず今回の『鉄血篇』、物語シリーズではお馴染みのキャラクターによるモノローグが一切なく、すべて映像でストーリーを語ろうとしているのが今までの物語シリーズと違うところ。ちょっと個人的にはTVアニメの物語シリーズのモノローグはうっとおしいな、と思っていたので、モノローグがないというだけでちょっと好印象。 2012年に公開と発表されてから遅れに遅れての今回なので、これで映像がTVシリーズと同じクオリティだったらキレているところですが、その辺の心配はまるで無かった。 というか期待以上の出来になっていて素晴らしい。
とにかく今回は枚数をふんだんに使ってキャラクターが動く動く(笑)。 燃え尽きる前の学習塾をCGで細かく作りこんじゃったり、TVシリーズでは予算や時間の関係でできなかった表現をガンガン入れていて、劇場版ならではの特別感が凄い。 70分ぐらいだけどこれだけでも観に来たかいがあったというもの。 キスショット役の真綾さんの演技も凄かったです。
あえて文句を言うなら、なんで3部作なんて話にしちゃったのかってことだけど、それは『熱血篇』と『冷血篇』が完成してないんでしょう(笑)。
正直思ってた以上のクオリティのものが見られたので、ファンとしては大満足。オススメです!!



そして『ガラスの花と壊す世界』。
去年劇場版のアニメを見た時に散々宣伝をしていたので、気になって見に行ってきました。
で、感想だけど…うーん、なんというかスゲー金を無駄にした感じ。
『傷物語』を先に見ちゃったせいもあるのかもしれませんが、アニメーションとしての動きの気持ちよさとか、演出とか、全ての点において『傷物語』より劣ってるって感じなんですよね。
もちろん、コンピュータのアンチウイルスプログラムが美少女で、魔法少女っぽくバグを消去しているというアイディアは嫌いじゃないけど、明らかに設定とか脚本の練不足で、その魅力があんまり伝わってこないんですよ。
例えば、オープニング。
20XX年~○○、って感じで出来事を描いていくんだけど、その描写が10秒もないようなシーンであまりにも短すぎて、何の伏線なのかもよくわからない。 しかもそれが3回も続いてようやく本編が始まるんだけど、どうせ字幕でこういう出来事がありましたって描くなら、そもそも出来事の映像要らないって話だし、見終わって振り返ってみると、終盤でリモが外の世界で何が起こってるかを語ってくれるので、そもそもこの冒頭の出来事の説明シーンいらないじゃんって話になっちゃうんですよ。 外の世界で何が起こっているのかというミステリーも含んでいるから、なおのことこの冒頭の不必要な感じが強まっちゃうし。
このようにオープニングから演出のヘタさが炸裂しているので、嫌な予感がしたんですが、もう最後までずっとこんな感じです。
バックアップの世界をデュアル、ドロシー、リモの3人で巡るシーンなんか突っ込みどころだらけで、なんで巡る場所が現代で固定されているのかとか、音楽に合わせて世界を巡るところをポンポン見せていくというシーンを、2回連続で繰り返すとか、誰が見たって違和感を覚えるし、戦争の悲惨さを3人が悲しんでいるシーンでは、そのシーンへの入りがあまりにも唐突なので変な笑いが出ましたよ。 その時の3人の顔がポカーンとしてるっていうか、ここでも見せ方がヘタすぎて、こっちがポカーンとしました。
こういう演出のヘタさが全編を覆っているせいで、ただでさえ説明が必要な設定をしているのに、全く飲み込めないままストーリーが進んでしまい、終盤も悪い意味でのプリキュア的な展開というか、ご都合主義的な展開になっていて、ある一定以上の年齢の人間を対象にしている作品としては、いくらなんでもロジックが酷すぎる。ロジックがないんで、見終わった時にカタルシスがほぼ無いんですよ。
もちろん種田さん、佐倉さん、花守さんは頑張っているとは思うのだけど、それを作り手の演出が思いっきり足を引っ張ってしまっていて、正直見ていて可哀想でしたよ。

というわけで、1本の映画としては全くオススメはできませんが、声優さんのファンの方は見に行ってはどうでしょう。 あとカントクさんのファンとか。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1308-1af27cdf
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。