『とびだすプリパラ み~んなでめざせ!アイドル☆グランプリ』&『ヴィジット』観てきました!

2015年10月25日 23:34



昨日25日に先週に引き続きTOHOシネマズ新宿にて、『とびだすプリパラ み~んなでめざせ!アイドル☆グランプリ』&『ヴィジット』を鑑賞してきました!

8月の『アイカツ』の時の予告どおり、『プリパラ』を初劇場で鑑賞。 ちょっと時間に遅刻してしまって、始めの方が見れなかったんだけど、初日だからなのか思ってたより席が埋まっててびっくりしました。 あと結構大人が多いぞ(笑)。
内容は『アイカツ! ミュージックアワード』のプリパラ版といった感じですが、こちらは間のつなぎがSDキャラによるアニメーションになっていて、こっちはこっちで可愛いですな。
曲の間のサブコーナーがプリパラらしい狂い方(笑)で、この辺がアイカツにない魅力ですな。 シオンの四字熟語のコーナーの後ろの『女装男子』に笑った。 ふわりとヤギの会話も清清しいレベルで頭がおかしい(笑)。
クールモードそふぃにうっとりし、アイドル検事と弁護士二役を演じるみれぃに笑い、やっぱり生意気なドロシーとやんわりツッコミ役のレオナ、そして明るいバカらぁら(笑)。 みんなそれぞれに見せ場があってニヤニヤしてましたよ。 そしてアロマゲドン。 あろま可愛いよあろま。もちろんみかんも。
なんと来年春にオリジナルストーリーでちゃんとした劇場版が公開されるようなので、そちらも期待しています!



そして2本目『シックス・センス』のM・ナイト・シャマラン監督最新作『ヴィジット』。
考えてみたら、映画館にホラー見に行くのかなり久しぶりな気がする。 そしてシャマラン監督作品。
最近シャマラン監督というと、『エアベンダー』『アフター・アース』とちょっと興行的にも批評的にもイマイチな作品が続いたので、見るのは『ハプニング』以来か。
シャマランって、毎回『世にも奇妙な物語』的な話を2時間ぐらいかかってやる人なんですが、オチの意外性を追求するあまり、どんどん設定がトンデモになっていったり、冒頭の魅力的な謎に対してオチがショボかったりすることがよくあるんですが、今回は安心していいと思います。
というかシャマラン監督作品で一番怖い作品になってるんじゃないでしょうか。 普通に田舎ホラーとしてよく出来ていると思いました。
とにかく老夫婦の奇行の数々が怖い、怖すぎる。 幽霊とかじゃなく実際に存在するからこその怖さ。 しかも認知症の老人がこういう行動をする例を結構知ってるから“リアルに起こりうる怖さ”ってのが半端ないです。
でも私の後ろの席の女性が婆さんの奇行を見るたびクスクス笑っていたので、人によっては笑う映画なんだろうな~と。
設定の“ヘンゼルとグレーテル”っぽさといい、オーブンの掃除のシーンといい、結構どんでん返しに向けてヒントはいっぱい出ていたので、勘のいい人は割りと早い段階で今回の“衝撃の事実”について予測できるのではないでしょうか。伏線の張り方、映像の叙述トリックも今回かなり上手くいってると思いました
POV形式もちゃんと作品の内容に合っていたと思いますし、だからこそエンドロールの誰もが脱力するであろうアレにもちゃんとした存在理由が出てくるのだと思います。 しかしあのシーン、普通のホラー映画だったら絶対カットだな(笑)。

ともかく最近のシャマラン作品の中では久々の良作だと思います。 気になる人はぜひ劇場へ!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1297-08f84f21
    この記事へのトラックバック