アイカツ! オフィシャルコンプリートブック!

2014年12月21日 20:52


アイカツ! オフィシャルコンプリートブック (Gakken Mook)アイカツ! オフィシャルコンプリートブック (Gakken Mook)
(2014/12/11)
アニメディア編集部

商品詳細を見る

先週劇場版を見に行った関係で、公開と同時期に発売された『アイカツ! オフィシャルコンプリートブック』を購入してしまいました!

劇場版の感想の続きになってしまうんですが、劇場版第2弾決定おめでとうございます!!
今度はあかりたちがメインの話になるんだろうか。 次も見に行ってみようかな。
今アニメ2年目をレンタルで見てるんですが、やっぱりいいですね、ソレイユは正義ですよ。
2年目はいろいろ賛否あるようですが、それは話の都合上、学校の違うドリアカ組を絡ませなくてはならないため、全てがスターライト学園内で終わっていた1期の頃に比べて、話に制約がかかってしまうせいでしょう。
今アニメ55話まで見たんですが、ドリアカ組の描写に比べて、それまでのレギュラーメンバー(おとめ、ユリカ、かえで等)の出番が明らかに減ってるんですよね。 これらのキャラが好きな人にとっては、確かにちょっと不満があるのもわかります。
でもその分、ドリアカ組の描写に力を入れているのはメッチャ伝わるので、2年目はそこを楽しみにしていこうと思います。
セイラ可愛いよ、セイラ。

いちごの無駄にポジティブなところに、なんだか元気をもらったり、
あおいのアイドルオタクっぷりや、面倒見のよさにほっこりさせてもらったり、
蘭の一見クールビューティーだけど、実は結構隙がある感じにニヤニヤしたりと、この3人に関しては語りつくせないほど魅力がありますね。 前も書いたけど、とにかくトリオとしてのアンサンブルが気持ちよすぎる。
蘭がトライスターに加入したものの、美月、かえでについていけなくて、ユニットの中でどんどん孤立してしまう話がちょっと胸に来ましたね。 いちごたちと出会った当初は一人で行動していた蘭も、3人で触れ合ううちに、知らず知らずのうちにいちごとあおいが自分にとって大切な存在になっていたことを、2人と離れたことで思い知らされる、という話運びは上手いですな。
ただでさえ1期の話って、ソレイユの絆の強さを強調している話になっているために、ちゃんと1話から順に見続けていったあとに1期の最終回である50話を見ると、マジで涙が出てきます…。 1話からいちごとあおいの仲の良さを散々見せ付けられた後で、二人の別れを最終回に持ってこられたら泣くしかないじゃないですか! この話のせいで「カレンダーガール」聞くとちょっとうるっとくる様になってしまった…。

まだ「アイカツ!」見たことないって人がうらやましいですな。 だってこんな幸せな気持ちにさせてくれるアニメ、早々ないですよ。 絶対おススメの作品です!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1246-a16478d8
    この記事へのトラックバック