ボカロ界のヒミツの事件譜2 名探偵エレGYちゃん様のボカロPデビュー(星海社FICTIONS)

2014年08月11日 23:10


ボカロ界のヒミツの事件譜 2 名探偵エレGYちゃん様のボカロPデビュー (星海社FICTIONS)ボカロ界のヒミツの事件譜 2 名探偵エレGYちゃん様のボカロPデビュー (星海社FICTIONS)
(2014/02/14)
泉 和良、赤坂 アカ 他

商品詳細を見る

もうこのシリーズ、とっくに3巻が出てしまっているので、早く読みたい今日この頃。
相変わらずボカロPならではの業界のディテールが面白い!
ボカロ界のヒミツの事件譜2 名探偵エレGYちゃん様のボカロPデビュー」(泉和良著/星海社FICTIONS
作品紹介

ボカロ界に起きた数々の難事件を解決してきた新人小説家の泉和良こと“ジェバンニP”と、その恋人にして抜群の推理能力を秘めた名探偵の“エレGY”ちゃん様。順風満帆に見えた二人のボカロ活動だったが、友人・曼荼羅Pの恋を成就させるためにジェバンニPの前に立ちはだかった新たなる試練は、100万再生=『VOCALOID伝説入り』というあまりにも高い頂と、不可解すぎる謎だった―。読めばもっとボカロ界が好きになる、“ボカロ×本格ミステリー”ノベル第二弾。

☆ ボカロ界のちょっとした事件を描くミステリー第2弾!

ものすごくお久しぶりな泉作品。 そしてエレGYちゃんとも。
前作に引き続き、ボカロ業界の(というか泉氏近辺の)ディテールの細かさで魅せてくれる本作ですが、今回はサブタイ通りエレGYちゃんがボカロPデビュー。 先輩であるはずの泉氏を尻目に大活躍です。

越えられない100万再生と恋の壁
あのエレGYちゃんがボカロデビュー!? 驚く泉和良=ジェバンニPの元に、彼のファンだというフミアキ=曼荼羅Pがやってくる。 なんでも想い人を振り向かせるために、自分の作った曲で100万再生=『VOCALOID伝説入り』を目指しているというのだが…。 果たして彼の恋の行方は!?
なんというか曼荼羅Pに向けてのジェバンニPのアドバイスが、スゲー具体的でやっぱり実作者は違うなと思いました。
タイトルの付け方や、楽曲の投稿時間など、作者の実体験に裏打ちされたアドバイスは、このまま参考になりそうな勢いです。

熊とエリマキトカゲ
ボカロPとして順調に再生数を伸ばすエレGYちゃんは、イベントでCDを配布することに。
その会場で、偶然にもエレGYちゃんの元クラスメイトである理沙子と再会する。 そして彼女から想い人とうまく行くかどうか恋予想してほしいと頼まれるが、なぜか気が進まないエレGYちゃん。 そこには彼女が引きこもりになった理由と関係があって…。

またしても男女の恋を取り持つ話。 そしてエレGYちゃんの過去がちょっとだけ明かされる話。
男を巡っての三角関係、しかも友達同士で互いを思いあってるからこそのすれ違いってのはつらいな~。
でもなんだかんだでハッピーエンドになるのがこの作品のいいところ。

小さなボカロファン
泉氏がマッサージ店で偶然再会した女性・大西友香。 彼女は以前、泉氏と恋仲であった人だった。
そんな中、新曲につけるイラストを、ジェバンニPのファンだというマロンという名の絵師に頼むことに。
しかし、ふとしたことから、マロンの正体が友香の娘であることがわかり…。

というわけで、恋のお話3連発。 子供って、特に女の子は怖いねっていうそんな話。 でも、いじらしいじゃないですか。
友香からのメッセージを見て、浮気と勘違いしちゃうエレGYちゃんが激カワです。

☆ ミステリーよりもディテールで楽しむべき作品。

確かにミステリー的な要素はあるんですが、そこよりも、泉氏の実体験に裏打ちされた、ボカロPのリアルな日常風景を楽しむべき。 そこだけでもこの作品を読む価値は十分にあると思います。

それにしても恋の話3連発でも、今までの泉作品みたいにリアルになりすぎないのが○。
このぐらい笑いに溢れていた方が、新規の人はとっつきやすいと思います。

総評

冒頭にも書きましたが、
早く3巻読まなきゃ。

ボカロ界のヒミツの事件譜 ジェバンニPと名探偵エレGYちゃん様の冒険 感想

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1213-a987d16b
    この記事へのトラックバック