--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“六条” ヒカルが地球にいたころ・・・・・・9(ファミ通文庫)

2014年07月28日 22:57


“六条“六条" ヒカルが地球にいたころ・・・・・・(9) (ファミ通文庫)
(2013/12/26)
野村美月

商品詳細を見る

もう最終巻も刊行され、しかも野村先生の次のシリーズも始まりましたね。
それというのも、私の読書ペースが遅いから…。
“六条” ヒカルが地球にいたころ・・・・・・9」(野村美月著/ファミ通文庫
作品紹介

野村美月が贈る大人気学園ロマンス、第9弾!
帆夏と葵の告白に返事ができないまま、夕雨と再会した是光。
「わたし、笑い上戸になれた、かな?」朗らかな夕雨にドキドキしつつも、揺らぐ自分の心に戸惑うことに。
そんな時、学園にまたもや不穏なメールが飛び交いはじめる。
『ヒカルの君を巡る女たちは、赤城是光が虞美人の名のもとに断罪する』――。
メールを気にするあまり、ぎくしゃくし、すれ違っていく是光たち。それを嗤うメールの送り主の、真の標的とは……!?
大人気学園ロマンス、第9巻!!

☆ 夕雨との再会。 そして“虞美人”からのメール。

読むペースが遅れに遅れ、とうとう野村先生の新シリーズが始まってしまった…。
ホントこれはどうにかしないとマズイなと痛感しております。

さて、今回は2巻以降表舞台から姿を消していた夕雨が久しぶりの登場。 帆夏や葵に告白の返事をしないまま、夕雨と再会してしまった是光は、心中穏やかではない。
そして彼女との再会と時同じくして、“虞美人”と名乗る者から『ヒカルの君を巡る女たちは、赤城是光が虞美人の名のもとに断罪する』という不穏なメールが葵たちの下に…。
次回クライマックスということで、話も恋の矢印もついに決着! よかったな~ほのちゃん。
あの一朱が実は絡んでいるんですが、本当にコイツは喋り方から行動から何から何まで気持ち悪いですな。
そんな奴の陰謀を是光が暴いていくのはいつもの展開なんですが、ヒロインズが是光を助ける展開になっていくのはちょっと感動した…。 いいよね、自分の与えてきたものが巡り巡って自分に跳ね返ってくるのは。
ここの展開を見ていると、本当に朝ちゃんは丸くなったな~と感じます。

☆ 是光と帆夏。そしてどうなるヒロインズ。

といってもまだ次があります。 なんだか紫織子が大変なことになっているようですが…。
一体“六条”とは誰のことなのか。 そして彼・彼女達の恋の行方は。
なるべく早く、読みたいと思います!

総評

繰り返しますが、次回クライマックス。 このシリーズ好きだっただけに終わってしまうのが寂しい…。
正直に言いますが、「文学少女」シリーズよりも好きでしたよ。 最終巻も期待してます!

“花散里” ヒカルが地球にいたころ・・・・・・8 感想
“空蝉”ヒカルが地球にいたころ・・・・・・7 感想
“朝顔” ヒカルが地球にいたころ……6 感想
“末摘花” ヒカルが地球にいたころ……5 感想
“朧月夜” ヒカルが地球にいたころ……4 感想
“若紫” ヒカルが地球にいたころ……3 感想
“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……2 感想
“葵” ヒカルが地球にいたころ……1 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1210-732f34f4
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。