とある飛空士への誓約4(ガガガ文庫)

2014年07月21日 23:33


とある飛空士への誓約 4 (ガガガ文庫)とある飛空士への誓約 4 (ガガガ文庫)
(2013/12/18)
犬村 小六

商品詳細を見る

お久しぶりの「とある飛空士」シリーズ。 アニメもすっかり終わってしまいました。
ハチドリの正体、ミオの裏切り、と登場メンバーたちの素性があらかた分かってきましたね。
とある飛空士への誓約」(犬村小六著/ガガガ文庫
作品紹介

清顕とイリアは、かぐらも所属するセントヴォルト海空軍最強の戦闘機部隊「ヴォルテック航空隊」に配属された。荒くれものどもが集うこの部隊で、新たな仲間たちとの絆を育むふたり。そして、“あの別れ”から一年後の夏。セントヴォルト海空軍は、総力を結集して、大瀑布付近を遊弋するウラノス飛空要塞の攻略に挑むことに。清顕は、かぐら、イリアと小隊を組み、大瀑布を挟んだ決戦に参加するが…。時代のうねりに翻弄され、互いに引き裂かれながら七人はそれぞれの空を飛ぶ。第二部「第二次多島海戦争」、開幕!

☆ 部隊に配属された清顕とイリア。 徐々に距離縮まる二人。

ミオが裏切り者としてウラノスに消えてしまってから1年。
「エリアドールの七人」はそれぞれの道を歩き始めた―――。
という感じで始まった第2部。 気が付いたら1部が終わってました…。
清顕たちも部隊に配属され、本格的に飛空士として活躍することになるわけですが、ハチドリの正体やら7人の素性があらかた判明してしまったので、この第2部を見ていると「とある飛空士への恋歌」の焼き直し(って失礼か)っぽい雰囲気になります。
当然今回は清顕とイリアの距離が縮まる描写が主になってきますが、イリアは酔うと幼児退行するようです(笑)。

それにしても清顕は今回もいいところ無いな~(笑)。
出動して2回も自分のミス&スタンドプレーでピンチになって、その度に仲間に助けてもらってるってのは正直どうなのよ。
しかもそのミスを挽回するような活躍がほぼ無いし。 完全に足を引っ張っている側の人間のような…。 レオにいろいろ励ましの言葉を言われてはいますが、次に活躍するための溜めの回なんだと思って、ここは我慢。

☆ イリアと近くなるたびに、ミオの影が…。

イリアとの距離が近くなるたびに、ミオの影がちらついてしまうのは、なんとも悲しい話なんですが、
清顕はイリア抱きしめながら「僕は最低だ」って思うぐらいなら、最初から抱きとめたりしない方がいいんじゃないかな。
この辺も『清顕にいいところがない』と思ってしまうところですな。
結局清顕にいいところがないまま、イリアとの関係が良くなっていくという描写をしているから、清顕がいい思いをしているだけのような気がしてくるんですな。 それで清顕に対してイライラが募っちゃう。

そういうイライラも次の巻で解消されると私は思ってますが、どうもこういう野心やプライドだけが高くて、実力が伴ってないキャラはダメだな~。 感情移入という点からいくと、一番それを拒否しちゃってるキャラ。 しかもバルタザールみたいに悪い思考なりの魅力みたいなものがあればいいんですが、どうにも薄っぺらく感じてしまいますね。

でもミオがウラノスで『恋歌』のあのキャラと邂逅したりと、清顕以外のところの描写で読ませてしまうので、
なんだかんだで続きが気になってしまいますね。 ここがこのシリーズの前作までにはなかった所。

総評

個人的には清顕の件よりも、ミオとかイリアとかセシルの話のほうが見たいんですよね。
そういうタイプの話のほうがこのシリーズでは既視感がないから。
それはそうと結構大風呂敷になってきましたけど、ちゃんと話を畳めるのでしょうか?

とある飛空士への誓約3 感想
とある飛空士への誓約2 感想
とある飛空士への誓約1 感想
とある飛空士への夜想曲(下) 感想
とある飛空士への夜想曲(上) 感想
とある飛空士への追憶 感想
とある飛空士への恋歌5 感想
とある飛空士への恋歌4 感想
とある飛空士への恋歌3 感想
とある飛空士への恋歌2 感想
とある飛空士への恋歌 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

  1. 蒲絃音 | URL | 27Yb112I

    神様が私を救ってくれました。

    この場を借りちゃいます。許してください。
    今まで、私は本当に最低の人生を生きてきました。
    私の人生は、ある方法で、がらりと変わりました。
    生活が潤うっていうことをはじめて知りました。
    不労所得が簡単にできるんです。
    本当に助かりたい人だけ、連絡してください。
    もし知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてください。
    メールもらえたらすぐに返事出しますから。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1207-78b10d4a
この記事へのトラックバック