午前零時のサンドリヨン(創元推理文庫)

2014年05月18日 22:22


午前零時のサンドリヨン (創元推理文庫)午前零時のサンドリヨン (創元推理文庫)
(2012/10/20)
相沢 沙呼

商品詳細を見る

「マツリカ・マジョルカ」の相沢沙呼氏のデビュー作にして、鮎川哲也賞受賞作!
レストラン・バーで出会ったあの子は、天才マジシャン!? ボーイ・ミーツ・ガールミステリの決定版!!
午前零時のサンドリヨン」(相沢沙呼著/創元推理文庫
作品紹介

酉乃初、普通の高校1年生。だけど実は……、レストラン・バー『サンドリヨン』でマジシャンとして活躍する彼女が遭遇した出来事を解き明かす。第19回鮎川哲也賞受賞作。

☆ 鮎川哲也賞受賞のボーイ・ミーツ・ガールミステリ!

以前読んだ「マツリカ・マジョルカ」からの繋がりで、手に取った相沢沙呼氏のデビュー作。
「マツリカ・マジョルカ」でも主人公とマツリカさんの関係に、最初から最後までキュンキュンでしたが、キュンキュン具合だったらデビュー作のこっちも負けてはいないです。
普通の男子高校1年生・須川は、レストラン・バー『サンドリヨン』で華麗なマジックを披露する女子高生・酉乃初に出会う。
超人見知りの彼女と関わるうちに、学校内で起こる数々の事件の謎を解くことに・・・。

空回りトライアンフ
須川君と酉乃さんが出会って、図書室の書架の謎を解く話。
書架の謎というのは実はミスリードで・・・って、それよりも酉乃さんが可愛すぎるんですけど。
タイプは違いますが、マツリカさんと一緒で、男を振り回していく性格ですね。
謎の真相にはちょっとだけ暗いものが垣間見えましたね。 こういうのってどこ行ってもあるというか・・・。

胸中カード・スタッブ
酉乃さんが披露したマジックの道具であるナイフが、机に突き立てられる!? さらに側には謎の『fff』の文字が・・・。
二人の女子の、ちょっと複雑な関係。 しかしこの作品、主人公を除くと本当に女子しか出てこないな(笑)。

あてにならないプレディクタ
ここで酉乃の過去を知っているらしい同級生・八反丸さん登場。
八反丸さんと仲良くしている須川君を見て、あからさまに不機嫌になる酉乃さんがまたしても可愛い。
そして明かされる二人の過去。複雑な過去があっても、酉乃さんのことを思いやる八反丸さんもいい人ですな。
幽霊事件もなんだか苦い結末を迎え、次の話に繋がっていきます。

あなたのためのワイルド・カード
今までの3つの話が全て伏線となって、藤井綾香の幽霊騒動に決着がつく話。
そして須川君が自分の酉乃さんに対する気持ちに気づいて・・・いや~イイですな、若いって(笑)。

☆ 誰か映像化してくれ~。

アニメでも実写でもいいから映像化してくれないかな、この作品。
というか「マツリカ・マジョルカ」も映像化して欲しい。
2作読んで思いましたが、相沢先生って上手いな~。 あんまりミステリーという感じはしないんですが、青春小説としての味わいは素晴らしすぎる。 もっと注目されてもいいはず。

総評

「ロートケプシェン、こっちにおいで」も早く読みたいですな。「マツリカ・マハリタ」共々。
今注目の作家です!

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1192-3861e511
    この記事へのトラックバック