「たまこラブストーリー」観てきました!

2014年05月03日 21:59


映画『たまこラブストーリー』主題歌 「プリンシプル」映画『たまこラブストーリー』主題歌 「プリンシプル」
(2014/04/30)
洲崎綾

商品詳細を見る

本日最寄の映画館にて「たまこラブストーリー」鑑賞してきました!!
いや~なんというかTVシリーズやっている時は、劇場版がこんなドストレートな恋物語になるとは予想もしませんでした…。


デラちゃんが南の島に帰って、たまこ達はそろそろ進路のことを考える季節に。
当然家業を継ぐつもりのたまこに対し、もち蔵は映像の勉強をするために、東京の大学に進学することを決心する。
が、そのことをたまこに伝えられないでいた…。
二人を見守るみどりに背中を押され、やっとのことで東京に進学する事、そしてたまこが好きであることを彼女に告白するもち蔵。 動揺したたまこは、返事をせずに、もち蔵の前から逃げ出してしまう。
その日以来、もち蔵と顔を合わせられなくなってしまい…。 果たしてたまこはもち蔵に返事できるのか!?


なんですか、このキュンキュンするあらすじは(笑)。
TVシリーズはご近所日常コメディといった感じで、全体的に散漫な印象があったんですが、
映画は「たまこともち蔵の恋物語」という一本筋が通った話だったので、むしろTVシリーズよりも好きになりそうです。
とにかくたまこの可愛さが、今回の劇場版でうなぎ上りです(笑)。 やはり恋する女の子は可愛いものですが、たまこのもち蔵に対するごまかし方が微笑ましすぎて、いちいち笑ってしまったよ。
地域のお祭りにバトン部として参加する話。糸電話の下り、もち蔵たちの作る映像が、ラスト付近でちゃんと収束していくストーリーはお見事。
でも今回の映画で一番素晴らしかったのは、影の主役とも言うべき、みどりちゃんの存在ですよ。
ああ、なんだろう。 たまこ以上にこの娘にキュンキュンしました。 たまこともち蔵、二人を見守るポジションのみどりですが、終始物憂げな顔を見せていたのが印象的でした。TVシリーズでたまこに対して告白しようとするもち蔵を、ことごとくみどりがブロックしていたことを考えると、結構複雑だったんじゃないかな…。 ラストにたまこに嘘をついて、もち蔵を追わせるように仕向けた後、わ~と叫んで校庭を走る彼女の姿に思わず感極まってしまった。
おしり&おっぱいモチやら、挟まれるギャグシーンも手伝って、大変に粋なラブストーリーになっております。
見ていない人は劇場にGOです!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1185-cefab8ad
    この記事へのトラックバック