デート・ア・ライブ8 七罪サーチ(富士見ファンタジア文庫)

2014年04月09日 23:29


デート・ア・ライブ8    七罪サーチ (富士見ファンタジア文庫)デート・ア・ライブ8 七罪サーチ (富士見ファンタジア文庫)
(2013/09/20)
橘 公司

商品詳細を見る

いつの間にか今回も含め3冊も積読になってしまった「デート・ア・ライブ」シリーズ。
それもこれも全部私の遅読のせいです…。
デート・ア・ライブ8 七罪サーチ」(橘公司著/富士見ファンタジア文庫
作品紹介

「ねぇ、ねぇ士道くん。お姉さんのどんなところが綺麗?」ハロウィンが迫る一〇月一五日。五河士道は第7の精霊、七罪と遭遇する。会話を重ね、順調に好感度を上げていた士道だが、とあるきっかけで七罪の態度が豹変し―。「あんたの人生、おしまいにしてやるんだから…!」変身能力を持つ七罪が化けた相手を当てる勝負を受けることに。容疑者は十香、折紙、琴里、四糸乃、耶倶矢、夕弦、美九、亜衣、麻衣、美衣、珠恵、殿町の一二人。『この中に、私がいる。誰が私か、当てられる?誰も、いなくなる前に』正体を隠した精霊を見つけ出すため、全員とデートして、デレさせろ!?

☆ 第7の精霊は、大人なお姉さん!?

アニメ2期がもうすぐ開始ですね(というか2日後ですが)。
八舞姉妹がそれぞれ内田真礼さん、ブリドカットセーラ・恵美さん。 美九が茅原実里さんに決まって今から期待に胸膨らませております。

さて今回は2期ではたぶんやらないであろう七罪登場回。 今までいそうでいなかった大人なお姉さんです。
いつものようにデートしてデレさせることになった士道ですが、七罪は士道には好意的な様子。が、ある出来事をきっかけに彼女の態度が急変。
そんなこんなで変身能力を持つ七罪が化けた偽者を、仲間たちの中から探すというちょっとした推理小説みたいな展開になってます。 もっとも、七罪の回というより今までのヒロインたちに平等に見せ場を作っていったらこうなりました、という感じです。 このシリーズもヒロインが結構増えてきちゃって、橘先生も扱いに困ってるのかな?
士道に化けていろいろ「ToLOVEる」的な騒動を巻き起こす七罪が、今までの精霊の所業のハードさからするとスゲー可愛く感じます。

☆ 偽者の正体は?

1日ごとに一人、また一人と消えていくタイムリミットがある中、士道は偽者が誰かを当てることになるわけですが、
まさかその手があったとは。 私も途中まで士道と同じ思考をしてましたが、七罪が変身した人物が判明した時点で「そんなのアリかよ!」って声に出てしまいましたよ。 でもこれどうなんでしょうね? アンフェアぎりぎりというか…。
そして正体を見抜かれてしまった七罪は激昂し、なんとみんなを子供の姿に! どうなる次回!

総評

もうすぐアニメ開始ですね! とりあえずアニメが放送している間に最新刊まで読んでおきたい。
しかしヒロインが多くなってきて一人に割く時間が少なくなってきてますね…。 ハーレムラノベの宿命ですな…。

デート・ア・ライブ アンコール 感想
デート・ア・ライブ7 美九トゥルース 感想
デート・ア・ライブ6 美九リリィ 感想
デート・ア・ライブ5 八舞テンペスト 感想
デート・ア・ライブ4 五河シスター 感想
デート・ア・ライブ3 狂三キラー 感想
デート・ア・ライブ2 四糸乃パペット 感想
デート・ア・ライブ 十香デッドエンド 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1178-91940a5b
    この記事へのトラックバック