壱級天災の極めて不本意な名推理1(ファミ通文庫)

2014年03月11日 00:01


壱級天災の極めて不本意な名推理1 (ファミ通文庫)壱級天災の極めて不本意な名推理1 (ファミ通文庫)
(2013/08/30)
鳳乃一真

商品詳細を見る

まさかの「龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」スピンオフは、名(迷)探偵・天災ちゃんが主人公!?
それはそうと、表紙の大人な彼女は一体…。
壱級天災の極めて不本意な名推理1」(鳳乃一真著/ファミ通文庫
作品紹介

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』初のスピンオフ登場!!

自称名探偵・壱級天災が奇妙な悪魔と結ばされた契約は、七重島中にばら撒かれた、死を生む《刻印の呪い》を回収するというものだった! 方法は悪魔との推理対決。舞台は未来の事件が具現化する異空間《惨劇の未来》。つまりどんな名推理を披露しても喝采されない、天災にとっては極めて不本意な勝負。「さあ、お嬢さん、我輩といざ尋常に勝負ぅぅぅ! 」「断る」――だが直後、天災は付き人・ダルクの頬に刻まれた《呪い》を発見する!!

☆ 悪魔との推理対決! 天災主人公のスピンオフ始動!

まず最初に。
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」アニメ化決定おめでとうございます!!
それはまあいいとして、まさかのノイタミナ枠だということに驚き。 なんというかこの作品の放つ異質な感じを、スタッフが嗅ぎ取ったということなのか。

さてさてそんな朗報もありましたが、本編のスピンオフが登場。
主人公は本編で頼りなさげに見えて、実はかなり優秀な美少女探偵・壱級天災。
そんな彼女がひょんな事から悪魔・バアルの封印を解いてしまい、放っておくと死を招く“刻印の呪い”を回収するために、バアルと推理対決をすることに。
ということで、未来に起こる事件を先回りして解決し、事件が起こらないようにする(?)という、わかったような分からないようなシステムで進む今回の話。 とりあえず推理して真相を突き止め、バアルに勝てば事件は起こらなくなるようです。

相変わらず推理パート、および捻っているストーリーはいつもどおり。
それはいいとして未来の事件の推理パートになると、なぜか天災ちゃんがメッチャ美人に(やったね天災ちゃん)。
そして天災に巻き込まれたダルクは、男から女に! なんでこうなっちゃうのかはズッコケな理由があるのですが…。

☆ 今回初登場の新キャラも!

黒髪ロングストレートの伏見妃凛をはじめとして、一癖二癖ありそうなキャラが何人も登場してるんですが、この子達って本編の方では出てくるのかな? というかこのシリーズ2巻いつ出るんですか…。

結論として天災ちゃんの可愛さを楽しむスピンオフですな(笑)。 大人天災ちゃんが意外と好きです。

総評

アニメがどういうことになるのか全く予想できないですが、期待したいと思います。
あと新刊をまだ買っていないので、近いうちに…。

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金5 感想
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金4 感想
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金3 感想
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金2 感想
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金1 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1170-5f3dcd9d
    この記事へのトラックバック