ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり3.動乱編(上)(アルファポリス文庫)

2014年01月18日 21:51


ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈3〉動乱編〈上〉 (アルファポリス文庫)ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈3〉動乱編〈上〉 (アルファポリス文庫)
(2013/06)
柳内 たくみ

商品詳細を見る

自衛隊×異世界ファンタジー第三弾! ゾルザルの暗躍と姉妹喧嘩!? な上巻です。
というわけで無表情美少女魔導師・レレイ回です。
ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり3.動乱編(上)」(柳内たくみ著/アルファポリス文庫
作品紹介

帝国皇女ピニャの尽力により、日本と帝国との和平交渉は少しずつ実を結ぼうとしていた。そんな友好ムードのなか、冴えないオタク自衛官伊丹耀司は、『特地』の資源調査を命じられ、異世界の美少女達と共に学都ロンデルを訪れる。街の住民と親交を深める伊丹一行。しかしそこには、炎龍討伐の英雄とされた魔導師レレイを狙う、闇の刺客が待ち伏せていた―超人気の自衛隊×異世界ファンタジー、文庫化第三弾・前編!

☆ 帝国との交渉に暗雲が…。 シリーズ第3弾!

炎龍を討ち果たした伊丹たち一行は、その業績により帝国中に名が知られることに。 が、そのことを快く思わない者たちが…。 というわけでなにやらキナ臭い動きが帝国内部で起こっているようです。 まあ、これまでの流れを考えると、もしかしなくともあの人なんですが、この辺がこの先の展開に響いていくんでしょうね。 しかしまあ、なんと幼稚な動機よ…。

さて、帝国でそんなことが起こっているとは露知らず、『特地』の資源調査のため、学都ロンデルを訪れた伊丹たち。
そこで鉱物を中心に研究しているレレイの姉・アルペジオと出会う。 アルペジオの前で自分の方が優秀であることを見せつけるレレイ。 それを面白く思わなかったアルペジオは、レレイと勝負することに。
めんどくさいね、魔法が使えるもの同士の喧嘩って(笑)。
妹にいいところを見せたい!と思うのは姉として当然の気持ち。 なんですが、妹があまりにも優秀すぎて、お姉ちゃん全くいいところ無し(笑)。 がんばれアルペジオ!
このシリーズって毎回毎回当番のキャラがいて、そのキャラクターがピックアップされるわけですが、あまりにレレイがピックアップされすぎて、劇中のロウリィの台詞じゃないですけど「ちょっとぉ……何を雰囲気作ってるのぉ?」状態です。 今回本当にロウリィたちの出番少ないもんね…。

☆ 謎の暗殺者の正体は? 笛吹男とは?

宿屋の従業員たち…いるよな~現実世界にも。 どこまでも騙されやすい人達って。 純粋であることは時にはどうしようもない欠点になるんですよね。 騙されたところにまた騙されるとか、滑稽を通り越して哀れですわ…。
謎の暗殺者の正体は最初から読んでいれば、大体予想がつくんですが、最後の最後でちょっとした、いやかなりサプライズな引きが。 このシリーズで初めて展開で驚いた気がする(笑)。 一体下巻はどうなってしまうのでしょうか?

総評

なんだかきな臭くなってきて、暗殺者の正体も含め、下巻が大いに気になるところです!

ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり2.炎龍編(下) 感想
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり2 炎龍編(下) 感想
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり1.接触編(下) 感想
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり1.接触編(上) 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1155-fc8cfba6
    この記事へのトラックバック