ボカロ界のヒミツの事件譜1 ジェバンニPと名探偵エレGYちゃん様の冒険(星海社FICTIONS)

2013年12月23日 23:24


ボカロ界のヒミツの事件譜 1 ジェバンニPと名探偵エレGYちゃん様の冒険 (星海社FICTIONS)ボカロ界のヒミツの事件譜 1 ジェバンニPと名探偵エレGYちゃん様の冒険 (星海社FICTIONS)
(2013/08/20)
泉 和良、ヨリ 他

商品詳細を見る

泉先生「ESP」シリーズ書いているのに、こんなのも書いていたんですね。
泉先生がジェバンニPだというのは知ってたけど、今回はボカロPとしての知識が十分に生かされた“たぶん本格”ミステリー!
ボカロ界のヒミツの事件譜1 ジェバンニPと名探偵エレGYちゃん様の冒険」(泉和良著/星海社FICTIONS
作品紹介

ボカロ界の日常にひそむヒミツの謎に挑め!
「終焉ノ栞」のスズムと「スキキライ」のゴム/HoneyWorksが強力推薦!
新人小説家の泉和良こと“ジェバンニP”とその彼女にして名探偵“エレGY”ちゃん様が挑む、ボカロP の日常にひそむヒミツの謎。全点オールカラーのイラストはあのヒットチューン『いーあるふぁんくらぶ』のヨリが担当。読めばもっとボカロ界が好きになる、“ボカロ×本格ミステリー”ノベル第一弾。

☆ 小説家にしてボカロPの泉氏による、ボカロ界の日常ミステリー!

『すすすす、すき、だあいすき』『恋ノート////』『リンカーネーション』などのボカロ曲を発表するジェバンニPこと、泉和良氏の新作。 本作はボカロPとして活躍する泉氏の近辺で発生する日常の謎(もちろんボカロ関係)に、彼女にして名探偵・エレGYちゃんと共に挑んでいくという話。 まさかのエレGYちゃん再登場。 割とパッとしない泉先生の代わりにホームズばりの名推理&行動力で事件を解決していきます。 というかエレGYちゃんてこんな子だったっけ?(笑)

ボカロP殺人事件
小説家・泉和良(ジェバンニP)お気に入りだった「ユウちゃんP」が、突如今までアップした作品を削除して消えた。
事情を知りたい泉は勝手にこの事件を“殺人事件”として扱い、エレGYちゃんと共に捜査することに…。
殺人事件と銘打ってありますが、ニコ動からのいなくなったことを言ってるだけなので、完全に誇大広告です(笑)。
とはいえ実際のPには、こういう心情になってしまう人が多いんだろうな~。 私としてはちょっとだけメンドクサイと思ってしまいますが…。 ただユウちゃんPの気持ちはなんとなく判る気がします。 数少ないコメントがアレじゃねえ…。

素敵な贈り物
泉の元に届いた謎のメール。 草壁アヤと名乗る差出人は、泉に動画製作に関するアドバイスを求めるものだったが、質問の内容はどれもド素人が書いたとしか思えないものだった。 が、差出人は過去に動画をアップロードしており、知識はあるはずなのだが…。 果たして差出人の真意とは?
これと似たような話を『ネトゲ廃人』って本で読んだような気がする。 ある日唐突にログインしなくなったネトゲ仲間の住所を調べて訪ねてみたら…という話。 まあ、なんというかニコ動ならでは、というかネット時代ならではの悲劇ですね…。
こういう事件ってこれからも起こりそうな気がします。

八月三十一日のバースデー
8月31日は「初音ミク」の発売日。 それを記念して編集者から「初音ミク」をテーマとした小説と曲を依頼された泉。
「鏡音レン」使いである泉はネタに困って、仕事仲間の鳥類氏に作詞を依頼することに。 が、詞が書かれたメモを紛失したことに気付き…。 果たして小説&曲は完成するのか!?
あ~、間違うよね3月9日と(笑)。 例によってエレGYちゃんの活躍により解決します。 この作品においてエレGYちゃんの存在が一種の清涼剤ですね。 小説と曲を一緒にっていくらなんでも無理でしょって思ってしまうんですが、やれるんだね…。

☆ 本格ミステリーというより、ボカロPの日常を楽しむ作品。

一応収録された3作品ともミステリーということになってますが、その部分よりもボカロPとしての泉氏の活動の描写の方が面白いですね。 それだけでも読んでみてよかったと思いました。 なるほど、Pという人達はこうやって曲を作っているのか…。 読む前は流行のボカロ小説かと思ってましたが、いい意味で泉氏にしか書けない作品に仕上がっていて、裏切られました。 やっぱり小説家とPがどちらも出来るというのは、編集者からすると魅力的に移るもんなのでしょうね。
というか、この作品1ってついているということは、続くってことですよね? 2巻はいつなんですか!?

総評

泉先生の「ESP」シリーズ、なんだかんだで続き買ってないんだよな…。
こっちの「ボカロP」シリーズの方が面白かったから、どうしようかなと思ってるんですが…。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1146-c7f8ced1
    この記事へのトラックバック