--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金5(ファミ通文庫)

2013年10月28日 23:07


龍ヶ嬢七々々の埋蔵金5 (ファミ通文庫)龍ヶ嬢七々々の埋蔵金5 (ファミ通文庫)
(2013/04/30)
鳳乃一真

商品詳細を見る

トレジャーハントライトノベル第5弾! 今回は七夕祭りの回。
重護の悪事、そして行方不明のゆんちゃんとの再会が、彼らを《ゲーム》へと誘う…。
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」(鳳乃一真著/ファミ通文庫
作品紹介

えんため大賞「大賞」受賞の奇想天外トレジャーハント・ロワイヤル第5弾!

大イベント《七夕祭り》が近づいてきた。何と抽選に当たればGREAT7がどんな願いも叶えてくれる!?(……ニヤリ)
一方ある《遺跡》攻略に乗り出した俺たち冒険部は、第七高等部生徒会の面々と遭遇。
新たなライバル勢力!?と思いきや「我が校に転校してくる気はないか?」って、どういうこと?
さらに行方不明だったゆんちゃんの存在が、意外な形で俺たちを壮大な七々々コレクション争奪《ゲーム》へと導く!!

☆ VS第七高等部生徒会! 重護の悪事とは!?

4巻から半年以上も間が開いてしまい、結構忘れているこのシリーズ。
最近この手のパターンが多くて苦労してます。 間が開いてしまうと、続き物の場合結構辛いっす。

というわけで七々々コレクションを巡る重護たちの冒険も5巻目に突入。
相変わらず前半でいろいろ伏線を張って、後半でうっちゃりを決めるセンスはさすがだと思いますが、今回はちょっとその辺がおとなしめだった気がします。 というか次回のための準備回という位置づけだからなのかな?
さて今回は第七高等部生徒会との面々と遭遇、遺跡内にて“七々々コレクション”を巡って虚虚実実の駆け引きが繰り広げられます。 ホントこのシーンを見ていると、鳳乃先生のゲームルール決めの厳密さにはいつも感心させられます。 こういうところにしっかり力を入れていると、ちょっと興奮してしまいます。 前回の短編集もルールの厳密さや駆け引きの描写がちょっと驚きだったし、鳳乃先生はこういうルール作るのが好きなのでしょうか。

☆ 今回は七々々ちゃんの出番は少なめですが…。

前回大活躍だった七々々ちゃんは今回は出番少な目。 とはいえ実は今回の話は彼女に大きく関係ある話なのですが、それを言ってしまうとネタバレになってしまうので。

しかしこのシリーズ、登場キャラが増えてきましたね。 それにしてはビジュアル化されてるキャラが少なくて、いろいろモヤモヤするな~。

総評

非常にライトノベルとしての完成度は高いんですが、まったくアニメ化とかそういう話が音沙汰なし。
う~ん、キャラのビジュアルの件も含め、いろいろもったいなですな…。

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金4 感想
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金3 感想
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金2 感想
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金1 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1126-6110c4e9
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。