『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』観てきました!

2013年09月24日 23:20


【映画パンフレット】 『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』 出演(声):入野自由.茅野愛衣.戸松遥【映画パンフレット】 『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』 出演(声):入野自由.茅野愛衣.戸松遥
()
不明

商品詳細を見る

レビューが遅くなってしまって申し訳ない!
日曜日に見てきた『あの花』の感想です。
うん、なんかこの間の『小鳥遊六花・改』のときも思ったけど、こういう総集編って回想の形を取るとしっくりきますな。

めんまの姿が消えてから1年後、めんまへの手紙を手に秘密基地に集まったじんたん達5人。
手紙を綴りながらそれぞれが思い出すのは、めんまの幻がじんたんの前に現れたあの1年前の日々―――。

総集編? いやいやとんでもないですよ!
予想していたよりも、思いのほか新作カットが多くてびっくりしました。半分以上新作だったんじゃないか?

公開からもうすぐ1ヶ月が経つはずなんですが、観に行ったら結構人がいてビックリ。
まあ県内で水戸しかやってないんで当然なんですけど、それにしても愛されてますな~。
1年経ってちょっとずつではありますが、じんたん達の成長が垣間見えるのが素晴らしかった。 じんたんもあなるもゆきあつも、TVアニメの時には痛々しかったからな~(笑)。 もちろんつるこやぽっぽもめんまのあの一件でいろいろ悩んでたもんね。 でもあなるが店で一人悶えているシーンで、隣の席の女性に心配されるところを見ると、そんなに変わってないのかも。
まあとにかく、5人がそれぞれの道を歩んでいることに安心しましたよ。
終盤、いい年した高校生の5人が、かくれんぼをやりだすのがなんかいいな~って思ってしまった。
そしてやっぱり『めんま、みぃつけた!』のシーンで涙腺が緩くなる(笑)。 あのシーンはいつ見ても卑怯だよな~。

この作品の場合、作品の雰囲気と総集編という形が見事にマッチしてるんですよね。それがヒットした秘密のような気がする。 回想というセンチメンタルになりやすい形式を、上手く作品に生かしておりました。 長井監督素晴らしいよ。

とにかく総集編としてはかなり上出来。ヒットするのも納得でした!
久しぶりにめんまたちに会えて、大変嬉しかったです!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1111-4801edb0
    この記事へのトラックバック