大日本サムライガール5(星海社FICTIONS)

2013年08月05日 23:00


大日本サムライガール 5 (星海社FICTIONS)大日本サムライガール 5 (星海社FICTIONS)
(2013/04/16)
至道 流星

商品詳細を見る

左翼アイドル・槙野栞も加わって、活気付くひまりプロダクション。
そんな中、国民的アイドル・片桐杏奈がひまりプロダクションに移籍したいと颯斗に申し出てきて…。
大日本サムライガール」(至道流星著/星海社FICTIONS
作品紹介

「私はいつでも私であって、他の誰のものでもない」左翼アイドル・槙野栞が加わり千歳と凪紗もアイドル活動を本格化させ、ますます活気づくひまりプロダクション。芸能事業が順調に推移するなか、日毬たち日本大志会は政権奪取に必須であるメディア対策のため、記者たちの“インナーサークル”設立に動き出す。一方、さらなる事業拡大を目指す颯斗は、国民的天才アイドル・片桐杏奈の移籍をめぐり、芸能プロの筆頭・西プロダクション相手に争奪戦を開始する!!
目的は政治の頂点、手段はアイドル――。至道流星の“政治・経済・芸能”エンタテインメント、知略縦横の第5巻!!

☆ ドーナツ、インナーサークル。 そしてあのキャラが移籍!?

とんとん拍子でやってきた日毬の元に、良きライバルキャラ・栞が加入してきて、ますますにぎやかになってきました。
今回はますます勢いづくひまりプロダクションに、ちょこちょこ顔を見せていた片桐杏奈が急接近。 なんと移籍したいという申し出! 唐突な頼みに困惑する颯斗。
今までの杏奈ちゃんのキャラからすると、なんかあまりよく考えないで移籍したいなんて言い出したんじゃないかと思いがちですが、ちゃんと考えての行動であることがわかります。 杏奈ちゃん、いつも日毬の胸ばっか触ってるくせに、意外と真剣に将来について考えておりました(笑)。
しかしそこは大物アイドルである杏奈ちゃん。 そう簡単に話が進むはずもなく、杏奈ちゃんが所属する西プロダクションの抵抗に苦戦することに。 この辺の駆け引きが今回の見所。
しかし今回は政権進出に向けてある程度勢いを付けてきた日本大志会に、与党&野党が擦り寄ってきましたね。
プライドもクソもなく頼み込む政治家の姿は、誇張してはいるんだろうけど、なんだか本当にこんなことしてそうで、笑ってる場合じゃないですな。

☆ やっぱり弱点は胸なんですね…。

それにしてもひまりん、杏奈ちゃんが移籍してきたからって、警戒しすぎじゃないですかね(笑)。
お姉さんも一緒になって胸を押さえて…。 そんなに苦手なのか・・・。 日毬と杏奈ちゃんのこころのきょりが縮まるのは、もう少し先になりそうです。

総評

次回はどうやら海外から目を付けられるみたいですね。
いよいよひまりプロダクション海外進出か?

大日本サムライガール4 感想
大日本サムライガール3 感想
大日本サムライガール2 感想
大日本サムライガール1 感想




にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1090-486076e6
    この記事へのトラックバック