ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング(電撃文庫)

2013年02月27日 22:38


ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング (電撃文庫)ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング (電撃文庫)
(2012/12/08)
川原礫

商品詳細を見る

「アリシゼーション」編もいよいよ後半戦か。
上級生たちの罠によって大罪人になってしまったキリトとユージオ。
そして彼らの前に現れたのは、村から連れ去られたアリスで!?
ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング」(川原礫著/電撃文庫
作品紹介

キリトが謎のファンタジー世界に入り込み、二年が過ぎた。“北セントリア帝立修剣学院”の“上級修剣士”となったキリトと親友ユージオの二人は、人界最強の秩序執行者“整合騎士”目指し、修行の日々を過ごしていた。“上級修剣士”の二人には、身の周りの世話役があてがわれる。キリトにはロニエ、ユージオにはティーゼ。四人は互いに絆を結び、充実した修士生活を過ごしていた―その時。突然、“悪意”はやってきた。ロニエとティーゼが、下劣な貴族達の罠に嵌められる。それを知ったユージオは彼らに対して剣を抜こうとするも、教会への信仰心で身体が動かない。その時、ユージオの右目を凄まじい激痛が貫き、奇妙なしるしが浮かび上がる。それは、ユージオには読めない神聖文字の羅列だった。―「SYSTEM ALERT」。

☆ 成長するキリトとユージオ。 しかし彼らに卑劣な罠が。

この「ソードアート・オンライン」という作品は、気がつくと作品時間で1年とか2年とか結構な時間が経っていて、キャラクターたちの平静っぷりに結構戸惑ったりします。
今回の「アリシゼーション」編でも、ずでに2年間という時間経過があるのですが、キリトが何の苦労もなく(そういう風に見える)アンダーワールドに溶け込んでいるのがタフというか…。
順調に進級し、キリトとユージオには、それぞれロニエとティーゼという名の世話役が。 なんかどんどんうらやま…じゃなくて上級修剣士として扱われるようになってきましたね。
しかし、そのロニエとティーゼが上級生である貴族たちの卑劣な罠にかかってしまい、ユージオは剣を抜こうとする。 ここら辺の葛藤がなんとも読ませますね。 ライオスたちを見てても思いますが、このシリーズの悪役って毎回毎回憎たらしい奴ばかり出てきますね。 その中でも今回は極めつけ。 貴族の特権を利用してやってることはケダモノですからね。 ベタだけど一発ぐらい殴ってもバチは当たらないぞ。 このシリーズでは結構珍しいですが、なかなかの暴力描写が展開。 しかこいつらにはこれぐらいやってもらわないと。
そんなこんながあって、二人を助けるためとはいえ罪人になってしまったキリトとユージオ。
当初の計画が潰れてしまった二人だったが、なんと彼らの前に分かれたはずのアリスが。
まったく性格が違うので、本当に同一人物なのかと疑ってしまいそうですが、どうやら本人らしいですね。
なにやら“召還”というワードも出てきて、不穏な現象が発生しているみたいですが、どうなっていくのでしょうか?

☆ 一方アスナの方は…。

最近なんだか影の薄い正妻の(笑)アスナさんですが、今回もちょっと影が薄いですね…。
何もしてないわけじゃないのはわかるんですが、キリトの話の方が重要な所に差し掛かってきたので、なんとなく次回も出番そんなに無いような気がする(笑)。

総評

あと2巻ぐらいじゃないかと思うんですが、この「アリシゼーション」編は。
間にプログレッシブをはさんでいるので、結構ストーリー忘れてることに気がつきました…。

ソードアート・オンライン プログレッシブ1 感想
ソードアート・オンライン10 アリシゼーション・ランニング 感想
ソードアート・オンライン9 アリシゼーション・ビギニング 感想
ソードアート・オンライン8 アーリー・アンド・レイト 感想
ソードアート・オンライン7 マザーズ・ロザリオ 感想
ソードアート・オンライン6 ファントム・バレット 感想
ソードアート・オンライン5 ファントム・バレット 感想
ソードアート・オンライン4 フェアリィ・ダンス 感想
ソードアート・オンライン3 フェアリィ・ダンス 感想
ソードアート・オンライン2 アインクラッド 感想
ソードアート・オンライン アインクラッド 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1018-a3a3a1af
    この記事へのトラックバック