--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金4(ファミ通文庫)

2013年02月09日 22:46


龍ヶ嬢七々々の埋蔵金4 (ファミ通文庫)龍ヶ嬢七々々の埋蔵金4 (ファミ通文庫)
(2012/11/30)
鳳乃一真

商品詳細を見る

我が道を走り続けるトレジャーハントロワイヤル第4弾! 今回はシリーズ初の短編集です。
七々々ちゃんが生きてた頃の話+ダルクのひそかな悩み+記憶喪失になった重護の3本です。
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」(鳳乃一真著/ファミ通文庫
作品紹介

“中学生"七々々の大活躍を描く奇想天外トレジャーハント・ロワイヤル第4弾!!

龍ヶ嬢七々々、天運に恵まれた最強の女子中学生。そして黒須参差、裏社会での野心を秘めたなんちゃって女子高生。
二人はとある外国のカジノにやってきた。目的は七重島の建設資金をがっぽり稼ぐこと!
カジノの大物相手にギリギリの勝負を演じてみせた最強コンビは、さらに白い妖狐に護られた財宝が眠るという謎の遺跡へと向かう!!
――後の《七々々コレクション》争奪戦の原点となる七々々の冒険譚に加え、重護たちの学生ライフを描く2編も収録!!

☆ シリーズ初の短編集! 冒険&カジノ&ゲーム!

というわけで短編集。 前から思ってましたが、このシリーズってホントゲーム性が高いというか、ブラックジャックのシーンの所といい、ちゃんと読み手にルールを理解させつつ、白熱する勝負の面白さを伝えてくるのが凄い。
こんなにカジノの勝負シーンを詳細に描いている作品を読むのは、沖方丁さんの「マルドゥック・スクランブル」以来かも。

夢見る七々々/企む参差」「幸運の娘々/見据える悪党」「白狐が守るモノ/白狐が護るモノ

まだ幽霊になる前、参差に勧誘され(?)とある外国のカジノへやってきた七々々。目的は七重島の建設資金を稼ぐこと。
参差は己の野望のため、裏社会に取り入ろうとするが、連れの七々々が賭けでバカ勝ちしてしまい、カジノのボスに目をつけられ…。
七々々ちゃん、パネエっす(笑)。しかもイカサマを見抜く目もあるという設定。
七々々の強運ぶりに唖然とする参差の反応が痛快すぎます!

そしてまたしても参差に乗せられて、カジノのボスである狼大人とブラックジャック対決へ。 先ほども書きましたが、このシーンは本作の最大の見所です。 この詳細なブラックジャック勝負シーンがあるだけでも、読む価値は十分にあります。 このシリーズの無駄に気合の入ったゲーム&勝負シーンはスッゴイ好き。

他にも財宝を守っている白狐との対決とかありますが、この辺はどうでもいいや。

☆ ダルクの悩みと重護の記憶喪失。

星埜ダルクが日常的に抱える幾つかの悩みとささやかなる野望

タイトルどおりダルクが主人公の日常回。 彼のひそかなる努力が描かれます。
彼だか彼女だかわからなくなりそうなダルクですが、とりあえず彼なりに男らしくありたいとは思っているようです(笑)。 とりあえず重護はリビドー赴くままに行動するのヤメロ。

ZYU-GO 記憶喪失ゲーム

重護が目覚めるといつもの部屋の中。 が、自分が誰なのか思い出せない!?
しかもなぜか自分は天災、七々々、ダルクと共に大貧民をやっている真っ最中で!? 一体何がどうしてこうなった?
このタイトルって「UN-GO」が元ネタなのかな? それはどうでもいいけど、やっぱり今回も七々々無双(笑)。 3人で共謀してもダメって、まったく勝てる気がしないじゃん。

どの作品もそれぞれ趣向が凝らしてあって、非常に楽しめました。
そして今回、作品通して言えること。 それは…、
七々々ちゃんのおっぱいは最高だということ!(笑)

総評

どうやら次回から本格的に七々々コレクション争奪戦が始まっていきそう。
また読み手を翻弄する巧みなコンゲームを魅せてほしいです!!

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金3 感想
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金2 感想
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金1 感想



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matrixblog.blog65.fc2.com/tb.php/1010-9c2f7903
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。