『ベイビードライバー』見てきた❕

2017年11月05日 23:12



お久しぶりです。 ちょっとここ1か月ほど体調がものすごく悪くて、更新が出来ていなかったんですが、
またぼちぼち更新していこうかなと。
というわけでアニサマ行ったときに見た『ベイビードライバー』の感想です。

エドガー・ライト監督作品は未見で臨んだんですが、これは過去作見てみようかな…と思わせてくれるそんな快作でした。
銀行強盗もの、そして既存の音楽を効果的に使う、となると真っ先に浮かぶのがタランティーノ監督の初期作なんですが、この作品はその手法をさらに推し進めて、主人公の行動の動機、ストーリー、カット割りに至るまですべて曲に合わせて展開されるというこの手のジャンルでは見たことない映像が続きます。 『カーチェイス版「ラ・ラ・ランド」』という海外の評からもわかるように、カーアクション映画にしてミュージカルぽさもあるというなかなか挑戦的な作品。
もちろんカーアクション映画なので、冒頭のカーチェイスはとんでもないです。 最高なのは狭い路地をドリフトで抜けるシーン。
思ったんだけどこの映画ニコラス・ウィンディング・レフン監督の「ドライヴ」と見比べてみると面白いと思う。 冒頭の強盗を外で待機している感じが最近の流行なのかもしれない。
強盗グループ仲間のケヴィン・スペイシー、ジェイミー・フォックス、ジョン・ハムがまた三者三様で悪役として素晴らしくて、普通に怖いんだよこの3人(笑)。 ヒロインのリリィ・ジェームス、実写版の「シンデレラ」やった人だけあって月並みですがメッチャかわいいです。
そして主役のアンセル・エルゴートがちょっと子供っぽさが残る顔つきが、今回のストーリーにバッチリはまってて見事。本当にキャラがどんな奴かよくわかるというか、“キャラの立ちっぷり”が上手いんですよこの映画。
銀行強盗、カーチェイス、青春映画、ミュージカル。 これだけいろいろ盛り込んであるのに、ボーイ・ミーツ・ガール要素まであって、ハッピーエンド。 しかもそこに至るのにちゃんと伏線があっての展開だから、これ普通に名作じゃないですか?(笑)。
今年ほんとベスト級が多くて困ってるんですが、また困るやつが出てきてしまったよ。 というわけで超・おススメです❕❕
スポンサーサイト