『劇場版ソードアート・オンライン オーディナル・スケール』観てきました!

2017年02月19日 23:05



昨日公開された『劇場版ソードアート・オンライン オーディナル・スケール』鑑賞してきました。
アニメの2期が終わって結構時間が経ちましたが、待望の新作ということで期待していました。


今回監督と原作者・川原氏によるオリジナルストーリーということで、ポケモンGOなどで話題になっているARをネタにキリトたちの戦いが描かれるわけですが、現実に体を動かすこともあってキリトの運動不足っぷりが結構顕著に出ていてそこがなんとももどかしいですな。 ヒロインズの方が元気あるように見えるんだから。
まず良かったところは全体的にやっぱり作画が良かったこと。劇場版なので当然といえば当然なんですが、特に新キャラのユナ含めヒロインズはみんな良いです。 そしてリーファ(直葉)とアスナはなんかこう、すごく胸が強調されてます(笑)。 ここはスタッフGJ。
特にラストはTVシリーズでも見たこと無いようなヌルヌル作画によるハイスピードバトルが凄まじかった。 おまけにTVシリーズでのあんなキャラこんなキャラが総登場するお祭り展開になるため、ファンとしては嬉しかったです。


ただラストバトルが凄かった分、そこ以外はなんだかテンション低め、というか、ぶっちゃけストーリーはかなり退屈でした。
ストーリーに大して関係のないパスタ茹でてるシーンとか、キリトとアスナの変な間のぶつ切り会話とか、ココこんなに長くする必要ある?ってところが結構あって、上映時間の割にすご~く時間が長く感じました。
アスナが『私の頭の中の消しゴム』みたいなことになるんですが、記憶喪失の度合いが見てる側に危機感を感じさせるレベルに見えないんですよね。 『あなた誰?』ってところまで来ればストーリーに緊張感も出たと思うのですが。
敵役であるエイジも、ポジションといい、動機といい、ファントム・バレット編のアイツの焼き直しみたいだったな。 ホントこの作品、リア充を僻んでいるネクラ男が力を手に入れて~って展開好きだな(笑)。
そしてユナも謎めいた存在として出てきた割には、意外と意外性の無い役どころだったりと、なんかこうすべての物事がこっちの考えている展開のちょっと下を行くような展開しかしなくて物足りなかったです。
まあそういう意外性とかを期待しているわけではないんですが、いくらなんでも捻りがなさ過ぎましたね。
ただキリトがアスナの胸に顔を埋めてるシーンは最高でした(笑)。
どうしよう『傷物語 冷血篇』に引き続き、おっぱいアニメ候補が増えてしまった(笑)。

というわけで、色んな意味でファンだけに向けた映画、とりあえずTVシリーズのキャラキャッキャしているところを見たい人向けの作品です。 そういう人はマストで見に行きましょう!
スポンサーサイト