--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『第32日本SF大賞、「魔法少女まどか☆マギカ」候補作に選ばれるも、大賞ならず。』のニュースを見た感想

2011年12月12日 20:49

華竜の宮 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)華竜の宮 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
(2010/10/22)
上田 早夕里

商品詳細を見る


日本SF大賞:上田早夕里さん『華竜の宮』が選ばれる

日本SF大賞、『華竜の宮』に決まりましたね~。
ちなみに候補作は、

  『ダイナミックフィギュア』  三島浩司(早川書房)
  『華竜の宮』         上田早夕里(早川書房)
  『希望』           瀬名秀明(早川書房)
  『近代日本奇想小説史 明治篇』横田順彌(ピラールプレス)
  『魔法少女まどか☆マギカ』  原作:Magica Quartet、脚本:虚淵玄、監督:新房昭之


この内『魔法少女まどか☆マギカ』が候補作に選ばれたことで、ちょっとした話題になったわけですが、
最終的に受賞ならず。 正直このメンツでは、相手が悪いとしか。
『近代日本奇想小説史~』以外は既読だったんですが、『華竜の宮』の大賞受賞は、概ね予想通り。 この5作品の中では、多分コレだろうなと思ってました。
ダイナミックフィギュア』はガンダム系のリアルロボットSFですが、設定の詳細さに比べて、戦闘シーンが迫力無いのと、オチが安っぽいセカイ系みたいになったのが敗因か。
希望』は瀬名秀明氏の第一短編集。 一番ハードSFしてると思うのですが、『華竜の宮』に比べるとやや地味か。
そして『魔法少女まどか☆マギカ』。候補作に選ばれたというニュースが流れた時点で、「これはSFか?」と議論になりましたが、日本SF大賞は過去に『童夢』やら『電脳コイル』やら『エヴァ』やら『ガメラ2』とか受賞しているので問題なし。
ただ巷では絶賛されているけど、よくよく見てみると構成に欠陥もあるんで、その辺がマイナスだったみたい。
そして大賞受賞作の『華竜の宮』。 地殻変動により海面上昇した地球を舞台にした海洋黙示録SFです。
上田早夕里氏の短編集『魚舟・獣舟』(光文社文庫)の表題作と、同じ世界を舞台とした(リライト?)した作品ということで、『魚舟・獣舟』が超好みだった私としては、超のつく期待作。魚舟と共に生活している部族たちの描写が非常に良かったです。ただ全体的に海洋ものというより国際謀略ものっぽい展開なので、作品としては『魚舟・獣舟』の短編の方が好き。
コレが好きだという人は、つい最近刊行された上田氏の最新短編集『リリエンタールの末裔』(早川書房)の同じ世界を舞台とした表題作もオススメ。

それにしても、日本SF大賞受賞作も結構読んだな~。
「マルドゥック・スクランブル」「新世界より」「ハーモニー」「ペンギンハイウェイ」・・・。
どれもこれも力作ぞろいなんで、時間があったら挑戦してはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

ペンギン・ハイウェイ(角川単行本)

2011年09月04日 23:32

ペンギン・ハイウェイペンギン・ハイウェイ
(2010/05/29)
森見 登美彦

商品詳細を見る

初、森見登美彦作品。
第31回日本SF大賞受賞作です。
住宅街に突如現れたペンギンと、お姉さんの謎をアオヤマ君は解けるのか!?
ペンギン・ハイウェイ」(森見登美彦著/角川単行本)
[ 続きを読む ]

本日購入の品4

2010年05月03日 19:28


フェッセンデンの宇宙
ジュンク堂書店で購入しました。

ホントバラバラ・・・

おもいでエマノン

2010年03月30日 12:55

おもいでエマノン (徳間デュアル文庫)おもいでエマノン (徳間デュアル文庫)
(2000/09)
梶尾 真治

商品詳細を見る

今回紹介するのは、梶尾真治氏の名作SFおもいでエマノン」。
[ 続きを読む ]

MM9

2010年03月09日 14:07

MM9MM9
(2007/12)
山本 弘

商品詳細を見る

今回は、山本弘氏の作品。
MM9」。

私が山本作品を初めて読んだのが、これだったんですよね。
怪獣小説という触れ込みで、読んでみたら意外にはまってしまって。
怪獣を自然災害として扱っているという発想が面白かったです。

地震、台風などと同じく自然災害の一種として“怪獣災害”が存在する現代。有数の怪獣大国である日本では、怪獣対策のスペシャリスト集団「気象庁特異生物対策部」、略して「気特対」が日夜を問わず日本の防衛に駆け回っていた。多種多様な怪獣たちの出現予測に正体の特定、そして自衛隊と連携するべく直接現場で作戦行動を執る。世論の非難を浴びることも度々で、誰かがやらなければならないこととはいえ、苛酷で割に合わない任務だ。それぞれの職能を活かして、相次ぐ難局に立ち向かう気特対部員たちの活躍を描く、本格SF+怪獣小説

有川浩氏の「空の中」といい、私、結構この手の作品を読んでますね。
これ読んだ方で、いい怪獣小説知ってるという方は、ぜひコメントください。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。