植物図鑑

2010年03月06日 20:31

植物図鑑植物図鑑
(2009/07/01)
有川 浩

商品詳細を見る

今回はいつもと毛色変わって恋愛小説です。
植物図鑑」(有川浩著)。

読み終わってから気がついたのですが、これケータイ小説だったんですね。
帯で絶賛している書店員も、全員女性の方ですし。

空の中」が個人的には良かったので読んでみたのですが、やっぱりケータイ小説というか、女性が好きそうな展開ではあります。
男の私としてはこういう展開はちょっと物足らないというか、ああ、女の子はこういうのが好きなんだなあという感想ですね。
しかし、イツキが語る植物うんちくは面白かったです。

「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか? 咬みません。躾のできたよい子です」
「 ――あらやだ。けっこういい男。」
ある日、道ばたに落ちていた彼。
「樹木の樹って書いてイツキと読むんだ」。
さやかが彼から聞いたのは、それだけ。でも、それで充分だった。二人の共同生活は次第にかけがえのない日々となっていく―― 花を咲かせるよう、この恋を育てよう。
野に育つ草花に託して語られる、有川作品いちばんの特濃ベタ甘ラブストーリー!!

この方の作品は私の中では、結構当たりはずれがあるので、今回はちょっと合いませんでした。
ですが、この方の「空の中」は、怪獣小説として優れておりますので、ぜひ読んでみてください。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト