FC2ブログ

掟上今日子の備忘録(講談社単行本)

2015年09月27日 23:24



西尾維新先生の新たなシリーズ。 その名も『掟上今日子の備忘録』。
次の日になったら事件を忘れてしまう探偵は、その前に事件を解決できるのか!?
掟上今日子の備忘録」(西尾維新著/講談社単行本)
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



難民探偵(講談社単行本)

2011年09月07日 19:40

難民探偵 (100周年書き下ろし)難民探偵 (100周年書き下ろし)
(2009/12/11)
西尾 維新

商品詳細を見る

「化物語」シリーズ以外の、初めての西尾作品。
本屋で発見して、気がついたら買ってました。
難民探偵」(西尾維新著/講談社単行本)
[ 続きを読む ]

ICO

2010年02月25日 14:55

ICO-霧の城- (講談社ノベルス)ICO-霧の城- (講談社ノベルス)
(2008/06/20)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

本日紹介するのは、「ICO_霧の城」(宮部みゆき著)
ソニー・コンピューター・エンタテイメントから発売された同名ゲームを宮部氏がノベライズしたものです。

邪悪な力を持つ霧の城は角の生えた子を生贄として求めていた。イコはしきたりに従い、霧の城へ。そこで檻に囚われた少女を発見したイコは、彼女を助け出すがその手を握ると何故か彼の頭の中に様々な幻像が…。不思議な力を持つ少女・ヨルダは何者なのか?そして囚われた理由とは?運命に抗い、謎が渦巻く城からヨルダとともに脱出するため、イコは城主と対決する。

実は、私がこれ読んだのって、ゲームする前なんですよね。

東京ゲームショウというイベントが毎年行われていて、そのときに名前を知ったのですが、無料で配布されていたプロモーションDVDを見て、私より先に妹がファンになってしまいまして。
このゲームは発売当時、国内ではあまり話題にならなかったようですけど、海外だとものすごいユーザーからの評価があったそうです。
しかし世界観がいいですよね~。ストーリーはこれでもかというぐらいシンプルなんですけど、演出がほんとにうまい!!
FFがハリウッドの超大作だとしたら、ICOはヨーロッパ映画のような趣があります。
CMもよかったですよ。



で、肝心の内容ですけど、ゲームでは触れられなかった設定が、詳しく書いてあって、ゲームをプレイした方もそうでない方も、楽しめるようになってます。小説を読んだ方で、まだゲームをプレイしていない!という方はぜひゲームをやってみてください!!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

新世界より

2010年02月21日 22:05

新世界より (講談社ノベルス キJ-)新世界より (講談社ノベルス キJ-)
(2009/08/07)
貴志 祐介

商品詳細を見る

本日紹介するのは、日本ホラー小説大賞の選考委員にも選ばれた、貴志祐介氏の「新世界より」。
日本SF大賞も受賞しました。

いや~長かった!!
単行本だと上下巻なのですが、講談社ノベルスの方を購入したので、1000ページ近くあるんですよね。
主人公たちの成長と別れ、遠未来の詳細なディテール、バケネズミなどの奇怪な生物の生態、村の秘密、冒険、超能力誕生の秘密。
これらの要素が複雑に絡み合って、怒涛のラストになだれ込んでいくのです。

1000年後の日本。「呪力(じゅりょく)」こと、念動力を手に入れた人類は、「悪鬼(あっき)」と「業魔(ごうま)」という忌まわしい伝説に怯えつつも、平和な社会を築いていた。
しかし、学校の徹底した管理下にあった子供たちが、禁を犯したため、突然の悪夢が襲いかかる!
崩れ去る見せかけの平和。異形のアーカイブが語る、人類の血塗られた歴史の真実とは!?

ああ、エンターテイメントっていいなって思わせてくれますよ、本当に。
読後の充実感は、ちょっと久しぶりのものがありましたね。
SFが苦手という人でも、大丈夫。
わたしも説明の多いSFは苦手でしたから。
そんな私が最後まで読みきることできたんだから、初心者でも安心していいと思います。

講談社紹介ページ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村