--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『傷物語 冷血篇』観てきました!

2017年01月08日 22:17



昨日1月7日に新年1発目の映画『傷物語 冷血篇』を鑑賞してきました。
ようやく完結ということで、去年1月から追っかけてたかいがあったというものですよ。

まだ今年が始まって10日も経ってないのですが、
多分今年のアニメの中でブッチギリのおっぱいアニメだと思います(笑)。
去年のおっぱいアニメ1位だった『君の名は。』(個人の感想です)の三葉の主張しすぎない胸も良かったけど、こっちはドーンがふたり、しかもそれが超作画で描かれるから、なんかもういろいろヤヴァい(語彙力減少中)
特に羽川の胸がヤバイ、もうなんか凄いヤバイ(笑)


さてそれは置いといて、終盤のキスショットVS阿良々木君のバトルはもう圧巻の一言。
線のタッチが変わったりして、なかなか冒険したりしつつも、まあよく動く動く。 不死身同士の超現実的な闘いは、とてつもなくグロテスクでありながら、コミカルにしてシュール。 不死身からの再生をコミカルにやるのは『デッドプール』でもやってたけど、こっちの方がもっと極端な描き方をしてますね。

というわけで、とりあえず『傷物語』3部作はめでたく完結したわけだけど、シャフトの本気を体感できる3部作でございました。
物語シリーズがこの先どういう展開を見せていくのかわかりませんが(最近シャフトは他の仕事が忙しいようなので)、多分このクオリティの物は出来ないでしょう。
今、鉄血、熱血のブルーレイをどうするかと検討中なのです。 今回の冷血編を見て思いましたが、1万5千円ぐらいは突っ込んでもいいおっぱいが見られるので(笑)。
そしてもし次何かの劇場版を作るなら、○部作方式はやめてくださいね、マジで。
スポンサーサイト

傷物語(講談社BOX)

2010年12月01日 13:21

傷物語 (講談社BOX)傷物語 (講談社BOX)
(2008/05/08)
西尾 維新

商品詳細を見る

今明かされる、阿良々木暦と美しき吸血鬼の出会い!!
今回は前回の「化物語」とちょっと雰囲気が違うようです。
傷物語」(西尾維新著/講談社BOX
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。