FC2ブログ

『映画 魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身! キュアモフルン!』観てきました!

2016年10月30日 22:24



春秋の恒例になってきた感のあるプリキュア映画、昨日の公開初日に観てきました。
今回は監督脚本がGoプリコンビということで、その意味でも期待でした。

結論から言うと、モフルンのモフルンによるモフルンのための映画だった(笑)。
タイトルにもなっているキュアモフルンが予想以上に可愛いんだこれが。 人間体になったあと、ほっぺ引っ張り合って確認するみらいとのやり取りが面白い。 あとリコを救出するときのアレとか。
全体的にストーリーはやや平凡かな~と思いつつも、アクションシーンはさすがのタナカリオンさん、アイディアとスピーディなアクションで見応えのあるものになっていました。
特にキュアモフルンに変身してからのアクションは素晴らしくて、ほうきを使ったトリッキーな戦闘、まさかのキュアモフルンスタイルチェンジ、そして終盤のトパーズスタイルの驚愕の能力にはちょっと目からウロコだった。Goプリでもステッキ2つ持って必殺技とかアイディアに満ちたアクションを見せてくれていましたが、今回も健在でしたね。
そのシーンで流れる『鮮烈!! キュアモフルン』が、プリキュアらしからぬ英語の歌詞のラップが入る曲だったのでとても新鮮でした。

今回もなんだかんだで楽しんでしまいましたよ。 来年春の映画はドリームスターズと題名を変えて全編CG?っぽいので、非常に楽しみです!!
スポンサーサイト



『映画 プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!』観てきました!

2016年03月22日 00:10



昨日『映画 プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!』を近くのシネコンで鑑賞してきました。
去年の『Go!プリンセスプリキュア』の単独映画以来、オールスターズ映画は初めてです。

今年のオールスターズは本格的にミュージカル映画になっているという話を聞いていたので、正直ミュージカルが苦手な自分でも大丈夫だろうかと思っていたのですが、結論から言うと結構楽しめました。 というか今までのオールスターズの映画の中でもかなり上位にくる出来じゃないでしょうか。
以前ブログで書いたのですが、去年の今頃やった「春のカーニバル」が、子ども向けであることを考慮しても酷い出来だったので、今年も似たような出来だったらどうしようかと思ってたんですが、スタッフは前回からいろいろ学習したようで良かった。 今回はゲスト声優の新妻さんや山本さんからしてもろミュージカル畑の人だし、ミュージカル部分は実際にミュージカルしている動きをトレースして作画している力の入れようで、かなり本気度は伝わってきました。 去年も思えばミュージカル的なことをやろうとしてたのかもしれないけど、明らかにミュージカルについてろくに知識がない人間が作った感じでしたよね。 止め絵も例年に無く多かったし。

さて分析的なことはともかく、今回はギャグ多めでかなり笑わせていただきました。
あの人数のプリキュアがあんな狭い檻の中に一塊になってるだけで結構面白いのに、そこで行われる"プリキュアの涙”を手に入れるための手段が感動話を聴かせるだの、たまねぎみじん切りだのスッゴイくだらないのが最高でした。
そしてやっぱり今回も持っていく女キュアマリン(笑)。
ピンクカルテットチームの最高なチグハグ加減といい(『集わない!?』で爆笑)、クスリともしませんね→薬だけにとか笑いがキレッキレで、脚本の『魔法つかいプリキュア!』のシリーズ構成・村山氏の功績が大きいのかな。もちろんそれをちゃんと映像にした監督も素晴らしいです。
最近は人数も増えてきて、さすがに44人全員呼ぶのは予算の関係上難しくなってきてることを考えると、声付きのプリキュアをドキプリ以降の近作に絞ったのは良い判断だと思います。 で、それ以前のシリーズプリキュアは各シリーズ一人ずつ声付きにしてチームを組ませるっていうのも上手いこと考えたなと思いました。
今回の敵役であるソルシエールが劇場版の敵キャラクターとしては屈指の可愛さだったり、声を担当した新妻さんの5オクターブの歌声がガチだったりして、去年の失敗がウソのように面白かったです。正直今回 ソルシエールの可愛さでちょっと点が上がってます(笑)。
というわけで、ここ近年のオールスターズ映画ではかなり良かったです。 オススメです!

『映画 Go!プリンセスプリキュア Go!Go!豪華3本立て!!!』観てきました!

2015年11月09日 00:16



昨日8日にユナイテッドシネマ豊洲にて『映画 Go!プリンセスプリキュア Go!Go!豪華3本立て!!!』を観てきました!
『アイカツ』『プリパラ』と来て、ついに女児アニメ劇場版を制覇した感がありますが、今回はプリキュア映画史上初の3本立てということで、その意味でも楽しみでした。
結論なんですが、まず短編のいたずらかがみ。 ピクサーアニメの短編みたいな感じで楽しいといえば楽しいんだけど、ストーリーとかがよくわからないまま進むのでそこが残念でした。
そして本編の『パンプキン王国のたからもの』。 毎年に比べ、本編が短くなっているので物足りなく感じるかと思ったけど別にそんなことはなかった。 はなざーさんのパンプルル姫も可愛かったし。
そしてトリを飾るのは3DCG全開の『ワンダーナイト』。 正直言って、3本の中だったらコレが一番好きでした。
あの凝りに凝ったCGモデルをフル活用していたのはもちろんのこと、アニメのバトルシーンをCGで再現していたりと、なかなか挑戦的なことをしていらっしゃる。 それにレフィが実際に映像で見ると凄くいい。
全体的な出来は例年通りという感じですが、いつもと比べるとちょっとだけ新鮮なプリキュアでした。

『プリキュアコレクション』・「スイート」「スマイル」「ハピネスチャージ」購入!

2015年03月08日 23:21


ハピネスチャージプリキュア! プリキュアコレクション (ワイドKC なかよし)ハピネスチャージプリキュア! プリキュアコレクション (ワイドKC なかよし)
(2015/03/06)
上北 ふたご

商品詳細を見る

『プリキュアコレクション』一応の最終回である「スイート」「スマイル」「ハピネスチャージ」の3冊購入してきました。
相変わらず素晴らしいのはもちろんなんですが、今回は上北ふたご先生のストーリー構成の見事さが本当に見事に出ていたな~と思いました。
特にハピネスチャージプリキュアに関しては、正直TVアニメの方はお世辞にも出来がいいとは言いがたい出来だと思っていたので、この上北ふたご先生の漫画版はアニメの“ここなんでこうしなかった”的な不満が、ちゃんと修正されていてさすがだなあと思いました。
例を挙げるなら、まずひめがクラスメイトと友達になろうとする話で、TVアニメだとひめの人見知りの克服ばかり強調されて、1話の「友達って私の言うこと何でも聞いてくれる存在」という、誰が見ても褒められたものではない考えを改める話にそもそもなっていなかったことが不満だったんですが、漫画だと、ちゃんとひめがその考えの下行動した結果、クラスメイトがちょっと離れてしまい、失敗を経て、めぐみに諭された後、考えを改めてもう一度チャレンジする、というはるかに説得力のある展開になっていて良かったです。
キュアフォーチュンと和解する話も、アニメではプリカードを渡されて“すぐ”フォーチュンがプリンセスを気遣うような発言をしていて、その前まで散々プリンセスのことを罵倒したりしていた態度と矛盾しているような気がして、非常にもやもやしていたんですが、漫画版ではプリンセスとフォーチュンが足を繋がれたまま異空間に飛ばされてしまい、強制的に協力せざるを得ない状況に追い込んでしまうというのが上手い。 最初は辛くあたっていたフォーチュンも、プリンセスが変わったことを徐々に理解していき、キュアテンダーのことに関して逆に励まされたりして和解するというのも素晴らしい。 そういえばこの展開、「スイート」でもやってましたね。
そしてアニメの最大のネックであったブルーの造形にも、ふたご先生なりのアレンジ、というかほぼ欠点を修正するような展開にしてあるのは、もうコレをアニメでやってくれよ、と唸ってしまいました。
なにせ徹底して体張ってない&役立たずだったアニメ版のブルーが、漫画版ではちゃんとめぐみをかばって攻撃を防いだり、ミラージュを改心させるために燃えさかるミラージュに自ら飛び込んでいって、命がけで想いを伝えるシーンになっていて(ここでなぜアクシアに封印したかの理由が語られるのですが、アニメの100倍素晴らしい理由になっています!)、
ブルー、カッコいい!!って素直に思ってしまいました。
正直私の中ではもうほぼ間違いなく漫画>>>>>アニメですね。

アニメは、世界各地にプリキュアがいるなど、他にもいろいろ新機軸を打ち出した割には、それらの要素がほとんど有効活用されないまま終わってしまったり(世界中のプリキュアと共闘するんだったら、増子さんがテレビで呼びかける展開になぜしなかった!?)
イノセントフォームが幼稚園児ががんばって化粧したみたいにしか見えなかったり(多分CGモデルを先に作ってしまったことの弊害なんでしょう)、そもそも3枚のカードの組み合わせでオシャレ(という名の変装)というシステムが、『アイカツ!』そのままだったり(正直このオシャレももっさりしてましたね…)、そのオシャレ要素もアニメ終わってみれば、ほとんどメインのストーリーに絡んでなくて“必要なかったよね”って思わざるを得なかったりと、とにかく例年以上に突っ込みどころが多くて、私を含め不評になってしまうのも致し方ないとは思うのですが、その分上北先生のアレンジ(という名の改変)の素晴らしさがわかりますね。
というわけで『ハピチャ』そんなに乗れなかった、もしくは嫌いだという人ほど、上北ふたご先生の『ハピネスチャージプリキュア!』はおススメです!! コレ読むと、多分ハピネスチャージされます(笑)。

ドキドキプリキュア! 単行本購入!

2015年02月15日 22:44


ドキドキ!プリキュア (ワイドKC なかよし)ドキドキ!プリキュア (ワイドKC なかよし)
(2014/03/06)
上北 ふたご

商品詳細を見る

この間プリキュアコレクション3冊購入したせいで、こっちも欲しくなってしまい、アマゾンでポチってしまいました。
シリーズ屈指の百合キュア。 特に六花ちゃん関係にいい話が多いですな。 さすがマナの嫁は違います(笑)。
特にまこぴーに嫉妬する話!! なんですかこの同人誌みたいな話は(笑)。
このままだと次の『スイート』『スマイル』『ハピネス』も買ってしまいそうです!!