『劇場版ソードアート・オンライン オーディナル・スケール』観てきました!

2017年02月19日 23:05



昨日公開された『劇場版ソードアート・オンライン オーディナル・スケール』鑑賞してきました。
アニメの2期が終わって結構時間が経ちましたが、待望の新作ということで期待していました。


今回監督と原作者・川原氏によるオリジナルストーリーということで、ポケモンGOなどで話題になっているARをネタにキリトたちの戦いが描かれるわけですが、現実に体を動かすこともあってキリトの運動不足っぷりが結構顕著に出ていてそこがなんとももどかしいですな。 ヒロインズの方が元気あるように見えるんだから。
まず良かったところは全体的にやっぱり作画が良かったこと。劇場版なので当然といえば当然なんですが、特に新キャラのユナ含めヒロインズはみんな良いです。 そしてリーファ(直葉)とアスナはなんかこう、すごく胸が強調されてます(笑)。 ここはスタッフGJ。
特にラストはTVシリーズでも見たこと無いようなヌルヌル作画によるハイスピードバトルが凄まじかった。 おまけにTVシリーズでのあんなキャラこんなキャラが総登場するお祭り展開になるため、ファンとしては嬉しかったです。


ただラストバトルが凄かった分、そこ以外はなんだかテンション低め、というか、ぶっちゃけストーリーはかなり退屈でした。
ストーリーに大して関係のないパスタ茹でてるシーンとか、キリトとアスナの変な間のぶつ切り会話とか、ココこんなに長くする必要ある?ってところが結構あって、上映時間の割にすご~く時間が長く感じました。
アスナが『私の頭の中の消しゴム』みたいなことになるんですが、記憶喪失の度合いが見てる側に危機感を感じさせるレベルに見えないんですよね。 『あなた誰?』ってところまで来ればストーリーに緊張感も出たと思うのですが。
敵役であるエイジも、ポジションといい、動機といい、ファントム・バレット編のアイツの焼き直しみたいだったな。 ホントこの作品、リア充を僻んでいるネクラ男が力を手に入れて~って展開好きだな(笑)。
そしてユナも謎めいた存在として出てきた割には、意外と意外性の無い役どころだったりと、なんかこうすべての物事がこっちの考えている展開のちょっと下を行くような展開しかしなくて物足りなかったです。
まあそういう意外性とかを期待しているわけではないんですが、いくらなんでも捻りがなさ過ぎましたね。
ただキリトがアスナの胸に顔を埋めてるシーンは最高でした(笑)。
どうしよう『傷物語 冷血篇』に引き続き、おっぱいアニメ候補が増えてしまった(笑)。

というわけで、色んな意味でファンだけに向けた映画、とりあえずTVシリーズのキャラキャッキャしているところを見たい人向けの作品です。 そういう人はマストで見に行きましょう!
スポンサーサイト

『ザ・コンサルタント』観てきました!

2017年02月05日 22:45



公開から随分時間が経過してしまいましたが、昨日ベン・アフレック主演のアクション映画『ザ・コンサルタント』鑑賞してきました。
本当は先週見に行きたかったんですが、ドクター・ストレンジとマグニフィセント・セブンで時間いっぱいになってしまって見に行けなかったんですよね。
結論から言えば、この手の『一見普通に見えて、実は凄いやつだった』ものとしてはかなり良作だと思います。 ぶっちゃけ予告編から想像していた以上に良かったので、得した気分です。
この手のタイプの作品って『イコライザー』とか『ジョン・ウィック』とかいろいろあるんですが、脚本の見事さで言ったら前記の2作品と比べても明らかに上。 さっき“一見普通に見えて、実は凄いやつだった”と書きましたが、本作はこの“実は”の部分が重要で、実は~だったという展開がラストまで連続することで、この手のジャンルにありがちな展開を避けて先が見えない展開にすることに成功しています。 しかもその展開にするために登場人物の仕草とかちょっとした小物とかをさりげなく事前に出しておくことで意外ではあっても唐突に感じない作りになっていて、感心してしまいました。
そしてキャストがまた見事で、何はともあれ天才的な頭脳を持つ会計コンサルタントにして凄腕の殺し屋、そして自閉症持ちというほとんどマンガな設定のキャラクターをベン・アフレックが説得力のある人物に作り上げているのが凄い。 この人『ゴーン・ガール』の時にも思ったんですけど、ちょっと性格とか頭に障害がある感じを自然に出すのが上手いですよね。 あのちょっと死んだ目も今回の役にはぴったりあってると思いました。 J・K・シモンズのあの良い人なんだか悪い人なんだかよくわからない感じも素晴らしい。
監督のギャヴィン・オコナーは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が公開されたときにDVDがリリースされた『ウォーリアー』が大変素晴らしい映画で気にはなっていたんですが、ちょっと本作にも通じるテーマがあったりなんかして興味深いですね。
というわけで個人的には大変オススメの映画なので、是非劇場で見たほうが良いですよ!!

リスアニLive2017 行ってきました!

2017年02月05日 21:37

先週の話になりますが、リスアニLIVE2017に3日間参加してきました!!
例年はいつも立ち見席、しかも1日だけだったのですけど、今年は運良く3日間(今年から3日間開催になりました)全日チケット当選して存分に楽しんでまいりましたよ!
というわけで、簡単に感想を。

1日目はLiSA☓Kalafinaの二組による対バン形式のステージというリスアニ初の試みが凄かった。
この二組のコラボとか見たことなかったので、生で見ることができたのは幸運でした。 二組ともアニメのタイアップ曲はほぼ全て歌ったんではなかろうか。 kalafinaの方も普段歌っている荘厳な曲とは違う明るいアイドルソング寄りな曲もあって、意外な側面を見た気がしました。 それにしても何回かKalafinaのライブは見ているけど、段々砕けてきたな~MCが((笑)。

2日目、3日目は例年通りのリスアニ。 特にガルニデ、みもりん、ナンジョルノ、ましろんが良かったかな~、もちろん他のアーティストも意外な発見があったりして楽しめましたよ。
ただ去年も書いたような気がするんですが、MCの富田明宏は別の人に変えたほうが良いですね。 とにかくMCが糞つまらないんで。

今年は運が良かったですが、また来年も全日…行けたらいいな~。

『ドクター・ストレンジ』&『マグニフィセント・セブン』観てきました!

2017年01月30日 23:18



リスアニLIVEが昨日まで行われていたんですが、参加するついでで『ドクター・ストレンジ』と『マグニフィセント・セブン』鑑賞してきました。

まず『ドクター・ストレンジ』ですが、去年予告編を見てからずーっと見たくてウズウズしていたんですが、ようやく見ることができました。
はっきり言って、中ニ病患者必見の映画です。 特に『インセプション』『マトリックス』辺りが好きな人は、映像でびっくりさせられること間違いなしです!! これは全員が思うところでしょう。

『インセプション』でもあったビルがグニャリと曲がる映像を100倍ぐらい激しくしたような映像にはただただ驚愕。 これはこれから真似されるだろうな~絶対。 重力の向きがコロコロ変わったり無重力になったりととにかく凄い。
魔法陣の描写も楽しくて、あんなに火花を散らしてる魔法陣がとにかくカッコいいです。 日本の『NARUTO』を参考にしたという手の動かし方も真似したくなります。 あのスリングリングによる円を描く動作もいいなあ。 アストラル体とか、テレポート、ミラー次元などなど、中二病患者がキュンキュンするワードや設定が映像付きで連発するので、『コンスタンティン』『リベリオン』ともども中二病マストの映画ですね。 それでいてマーベル映画お得意のユーモアセンスも流石。 魔術師がイヤホンやWi-Fi使ってたりね(笑)。
とにかくカンバー先生が得意とする“有能だけど性格難アリ”キャラがハマってて、ぶっちゃけこの人以外のドクター・ストレンジはちょっと想像できないです。 共演してるティルダ様やマッツ・ミケルセンも素晴らしい。
ただストーリーに関しては、ちょっと乗り切れなかったかもしれないです。 ストレンジが事故を起こした原因が完全に自分の不注意だったりと結構“自業自得じゃん”って思うシーンが多くて、感情移入出来るまでにちょっと時間がかかってる気がしました。 あと修行シーンがテンポ良く進むのはいいんだけど、なんだかそのせいであんまり技の習得に苦労してる感じがしないのもどうなんだろう。 まあエベレストに一人で置き去りにされたりと酷い目にあってはいるんですが(笑)
そして終盤の展開がまさかのリゼロ展開だとは思わなかった(笑)。“時間”というこの作品のテーマとも合ってるので、なるほどとは思ったけど、ちょっとカタルシス的な意味では物足りないかもしれない。 あとラスボスのあいつは、ビジュアル的にも好きになれなかった。 プリキュアの映画に出てくるラスボス感が凄い。

というわけで、ちょっとこっちがハードルを上げすぎてしまった感はありますが、それでも映画館で絶対見たほうが良い類いの映画です。



そして『マグニフィセント・セブン』ですが、ジョン・スタージェス監督の西部劇の名作『荒野の七人』のリメイク…と思ってたのですが、実際にはそもそもの原作である黒澤明監督の『七人の侍』の要素も取り入れたハッキリ言ってリブートといった作品です。
私は『七人の侍』は鑑賞して『荒野の七人』は未見なんですが、元の映画がめちゃめちゃ良く出来た脚本なので、ストーリーに関しては全く心配はしてませんでした。 その上主演がデンゼル・ワシントン、監督が『イコライザー』「サウスポー』のアントワーン・フークア監督ということで、もうぶっちゃけ不安要素ゼロなんですが、期待以上の活劇娯楽大作になっていて良かったです。
終盤の大銃撃戦が素晴らしいのはもちろんですが、意外とそこに至るまでの作戦立案・準備の過程が楽しいんですよね。 そこの7人それぞれの抱えてるものだったり、ドラマが挟み込まれて本当によく出来ているな―と思いました。
イーサン・ホークとイ・ビョンホンのコンビや、クリス・プラットのギャンブラー(手品師?)などキャラ立ちもバッチリで、とにかく楽しい作品です。 あと強い女性が出て来る辺りやっぱり今の作品だな―って思いました。
ということで、リブート作としてはメチャメチャ優等生な作品だと思います。 万人におすすめできる映画なのでぜひ!!

『傷物語 冷血篇』観てきました!

2017年01月08日 22:17



昨日1月7日に新年1発目の映画『傷物語 冷血篇』を鑑賞してきました。
ようやく完結ということで、去年1月から追っかけてたかいがあったというものですよ。

まだ今年が始まって10日も経ってないのですが、
多分今年のアニメの中でブッチギリのおっぱいアニメだと思います(笑)。
去年のおっぱいアニメ1位だった『君の名は。』(個人の感想です)の三葉の主張しすぎない胸も良かったけど、こっちはドーンがふたり、しかもそれが超作画で描かれるから、なんかもういろいろヤヴァい(語彙力減少中)
特に羽川の胸がヤバイ、もうなんか凄いヤバイ(笑)


さてそれは置いといて、終盤のキスショットVS阿良々木君のバトルはもう圧巻の一言。
線のタッチが変わったりして、なかなか冒険したりしつつも、まあよく動く動く。 不死身同士の超現実的な闘いは、とてつもなくグロテスクでありながら、コミカルにしてシュール。 不死身からの再生をコミカルにやるのは『デッドプール』でもやってたけど、こっちの方がもっと極端な描き方をしてますね。

というわけで、とりあえず『傷物語』3部作はめでたく完結したわけだけど、シャフトの本気を体感できる3部作でございました。
物語シリーズがこの先どういう展開を見せていくのかわかりませんが(最近シャフトは他の仕事が忙しいようなので)、多分このクオリティの物は出来ないでしょう。
今、鉄血、熱血のブルーレイをどうするかと検討中なのです。 今回の冷血編を見て思いましたが、1万5千円ぐらいは突っ込んでもいいおっぱいが見られるので(笑)。
そしてもし次何かの劇場版を作るなら、○部作方式はやめてくださいね、マジで。